HOMEニュースリリース ≫ SPG ”ひでじビール” 酵母ろ過装置の完成

SPG ”ひでじビール” 酵母ろ過装置の完成

宮崎ひでじビール株式会社の酵母ろ過プロジェクト※で開発した装置です。
目標1,000リットルの酵母ビールを1〜2時間でろ過するという条件です。 SPG膜モジュール : SPG膜φ10×L500×18本式×2基
本装置はデッドエンド式ろ過法で、クロスフロー式ろ過法よりろ過が早く逆洗も有効でした。これはSPG膜の均一細孔を有するがゆえに有効なのだと思います。
 ※平成22年度環境リサイクル技術開発支援事業(課題:SPG膜を利用したビール精密ろ過技術及びろ過ビールの開発)

  ビール酵母を取り除き、宮崎ひでじビール株式会社のクリアビール新商品 「 穂倉金生 」 が誕生しました。

 








  除去した酵母45ℓ (原液1,000ℓ中) クリアビール95%回収
  
 
 
     酵母入りビール → ろ過 → クリアビール

 

 

 SPGビール酵母ろ過実施(ひでじビール醸造所)

  

 SPGビール酵母ろ過装置のシステムフロー

 

SPGビール酵母ろ過装置
SPG膜モジュール(Φ10×L500×18本式×2基)


SPGろ過・分級について に実施例を紹介してます。

<参考>
 SPGクロスフローろ過・分級について も、是非ご参考下さい。